函館で体験!美しいガラス工芸づくり【体験レポ】

公開日:

Pocket

ガラス展示品

異国情緒溢れる函館の西部地区。明治や大正時代に建てられたコロニアルスタイルの建物が多くみられ、地面に敷き詰められた石畳がすてきな雰囲気を醸し出しています。

もちろんそんな景色を眺めながら、ゆっくりと散策を楽しむのもおすすめですが、旅の思い出となるお土産作りはいかがでしょうか。

函館湾を望む基坂の中腹に位置している「元町ガラス工房」は、ガラス製品の作成ができるショップ。お店を訪れて実際に製品づくりを体験してみたので、その様子を紹介します。

<もくじ>
1.元町ガラス工房へ
2.ガラス工芸を体験
3.完成!
4.完成品は…
おわりに

1.元町ガラス工房へ

ガラス工房外観

「元町ガラス工房」は基坂を元町公園から下がって、横断歩道を渡った先に位置しています。向かい側には元町観光駐車場があり、末広町電停からも近いので、訪れやすい場所にあるといえるでしょう。付近にはお土産やさんやカフェもありますよ。

建物も明治時代に建てられた、2階が洋風で1階が和風という和洋折衷の作りをしているので、行くとすぐにわかります。グリーンの屋根と焦げ茶色の壁が目印です。では店のなかに入ってみましょう。

ガラス工房内部

お店の中には、ガラス製品がびっしり並んでいます。

かつて函館市近郊の七飯町大沼にはガラス工房がありましたが、そこでガラス技術を学んだオーナーが経営しているのだとか。色とりどりのガラスはどれも美しく、エキゾチックな函館の風景のようです。

ガラス製品の製作体験だけでなく、販売も行っているので、気に入ったものがあったら買い求めてみてもいいですね。

ガラス工房窓

窓にはステンドグラスも飾られています。元町ガラス工房の地階は「生田ステンドグラス」になっており、こちらではステンドグラスの体験ができるんです。ステンドグラスにも興味がある方は、こちらもぜひ。

2.ガラス工芸を体験

ガラス展示品

ガラス作り体験は、予約も受け付けているので、予約をしてから訪れることをおすすめします。

体験メニューの内容が決まらなくても大丈夫。行ったその場で選ぶことができますよ。見本となる完成品も展示されているので、出来上がりのイメージもしやすいといえるでしょう。

コースはAからDまでの4コースがあり、一番手軽なのは箸置きを作るDコース。今回はイヤリングを作るBコースを選んでみました。

コースについてはこちらをご参照ください。http://motomachi.art.coocan.jp/

ガラスパーツ

イヤリング作りは、パーツを決めるところから始まります。パーツを7個選んで並べ、それがイヤリングのベースとなります。

ケースの中に入っているのがパーツなんですよ。カラーも模様も種類がたくさんあるので、どれを選ぼうか迷ってしまいますね。

同じ模様とカラーを7個選んでもいいですし、カラフルなものを作ってみてもすてきですよ。

ガラス作製

パーツはとっても細かくて小さいので、ピンセットでケースから取り出します。並べるのにもピンセットを使います。

細かい作業なので、パーツは取り扱い注意!これがけっこう集中できるので、ついつい時間を忘れてしまいます。

可愛いパーツたちの中から選んだのは、ブルー系のパーツ。爽やかなブルーは夏らしくてすてきだと思いませんか?

パーツの中心には白い鳥の模様が入っていて、とってもキュートなんですよ。この鳥模様には上下があるので、頭が上にくるようにして並べます。

3.完成!

ガラスできあがり

出来上がったら、パーツを透明ガラス板の上にのせます。これで完成です。完成したものは過熱してガラスを溶かし、イヤリングにします。

加熱する温度は900度にもなるそう。加熱の作業はお店の方がしてくれるので、あとは出来上がりを待つだけです。

だいたいのイメージが出来上がっていても、どんな風になるのかちょっとドキドキワクワク。加熱した後も冷却作業があるので、出来上がりは翌日になります。

4.完成品は…

ガラス完成品外装

完成品はお店まで取りに行ってもいいですし、郵送も受け付けてくれるので、スケジュールに合った受け取り方ができますね。

今回は翌日お店まで受け取りに行きました。ガラスの花が添えられていましたよ。それでは、開けてみましょう。

ガラス工房完成品

出来上がりがこちら。夏らしい爽やかなイヤリングが出来上がったと思いませんか?たぷっとした丸いフォルムもとってもかわいいんですよ。

すぐにつけてみたら、大きさもちょうどいい感じでした。自分で作ったガラス製品なので、思い入れもひとしおです。

ガラス製品というとコップがすぐに浮かびますが、イヤリングもおすすめです。

おわりに

ガラス工房トップ画像

「元町ガラス工房」でのガラス製品作成体験についてお届けしました。時間も30分ほどとそれほどかからなかったので、観光の合間に体験しやすいのではないでしょうか。

場所も西部地区の中にあり、お店からベイエリアまでも歩いていける距離にあるんです。函館の思い出とともにいかがでしょうか。

<元町ガラス工房>
住所:〒040-0052 北海道函館市大町1-33
TEL:0138-27-8836
営業時間:9:00~17:00(体験は16:00まで)
定休日:第3木曜日(予約状況によっては営業)
体験料:体験コースによって異なる
公式ホームページ:http://motomachi.art.coocan.jp/

[adsense]

Pocket

コメントを書く

*

*

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.