初めての北海道旅行!絶対行くべきおすすめスポットまとめ♪

Tags: ,

公開日:2015/5/22

北海道イメージ北海道旅行に行ってみたい!でも、いろいろな観光スポットがあるから、どこをどういけばいいのかわからない、という方も多いのではないでしょうか?

温泉がいい?お花畑に行きたい!やっぱり魚介類食べてみたい!大自然におもいっきり触れたい。挙げればキリがないほどですが、全ての願いが叶うのが北海道の強みです。

ということで、どこへ行ったらいいか・何がオススメなのか、絶対行った方がいい場所などを北海道ビギナーさん向けにチョイスしてまとめてみましたので、参考にしていただけると嬉しいです!

<目次>
1.いつでも人気No.1!札幌
2.ノスタルジックさNO.1!小樽
3.夜景NO.1の港町!函館
4.お花畑といえば!富良野・美瑛
5.北海道の大地のめぐみ、人気の温泉!
6.アウトドア&自然派へ!おすすめスポット



1.いつでも人気No.1!札幌

1-1.定番のおすすめ観光スポット

<旧北海道庁>

旧本庁舎北海道の象徴ともいえる、国指定重要文化財、レンガ造りの旧北海道庁。札幌駅から近くにあるので、まずは散策がてら行ってみましょう♪

<札幌時計台>

時計台定番だけど、マストで押さえるべき場所でもある、札幌を象徴する建物の一つ。正式名称は「旧札幌農学校演武場」と言います。

建物は入館もできますので、人力でネジを巻く時計を見学してみてはいかがでしょうか。

<大通公園&観光の〆はテレビ塔へ>

さっぽろテレビ塔大通公園は普段市民の憩いの場として読書をしたり散歩したりと、多くの方から愛されている公園です。

観光と言ってもただの公園では?いえいえ!1年を通して催される公園でのイベントや、手をかけて整備や手入れをし、年中花々や木々に囲まれ生活できる幸せが公園内に溢れかえっているのが、愛される理由とも言えると思います。

よさこいソーラン提供:YOSAKOIソーラン祭り組織委員会
尚、これからの時期はビアガーデンやいよいよやってくるYOSAKOIソーラン祭りなどイベントが目白押しです。

大通公園のライトアップ夜になると公園がライトアップされ、昼とは違った景観を楽しむことができます。また、テレビ塔からの夜景は札幌夜景を一望できる人気スポットになっています。札幌観光の締めくくりにぜひ訪れてみてくださいね。

☆詳しくはこちら☆

・【王道コース】で巡る札幌観光スポット|初めての札幌旅♪

1-2.札幌に行ったら食べるもの

<札幌と言えばラーメン。食べないで帰るなんて勿体ない>

札幌ラーメン言わずと知れた札幌ラーメン。味噌派?塩派?どちらも捨てがたいですよね♪

最近ではえびそばなども登場し、一躍話題をさらっている店舗も。どこを選んでいいか迷うのも楽しみの一つなので、ある程度ピックアップして食べ歩きもいいですよ♪

<スープカレー発祥の地で本物をすする>

スープカレー
さすが発祥地だけあって幾つもの名店がズラリ。ボリューム満点は基本中の基本。鶏肉や野菜をふんだんに使って自慢のスープカレーを合わせた、見た目よりはあっさりした味わいの店舗が多いです。

<ジンギスカンと冷えたビールの相性がとてつもなくいい>

ジンギスカン
新鮮なラム肉や野菜を鉄板の上に乗せ、音を立てて焼きながらキンキンに冷えたビールをキュっと飲む姿に憧れる方も多いはず。

ジンギスカン基本はラムを焼いた脂がドーム型の鉄板の下に落ちていき、その脂でもやしなどを焼きます。店内中がラム肉と野菜を焼いた香りが漂うのもジンギスカンの醍醐味。あとはホテルに帰ってお風呂に入って眠るだけ、の状態にして出かけましょう。

尚、札幌市民・北海道民はお花見にジンギスカンが欠かせないそうですよ♪

<当然スイーツも平らげたい!リトルジュースバー>

リトルジュースバーリトルジュースバー札幌本店オススメは“いちごけずり”と言うスイーツ。いちご自体を凍らせてから濃厚な練乳をかけてサクサクほぐしながら食べます。

練乳の甘みが甘酸っぱーいいちごに絡んでキューンと冷たいのどごしがこれからの夏にピッタリです。

☆こちらもどうぞ☆

・札幌裏グルメ7選|案内本には載らない通だけが知る店

1-3.冬の大イベント、さっぽろ雪まつり

さっぽろ雪まつり、夕暮れの大通会場毎年2月上旬に開催される氷の祭典、札幌雪祭り。毎年様々な氷の彫刻が大通公園に姿を現し、観る人々を魅了します。

さっぽろ雪まつり実際に見てみると氷の彫刻技術はここまですごいのかと感動の嵐。写真では解らない細部までをじっくり観察して、札幌の冬を楽しみましょう!

☆詳しくはこちら☆

・札幌雪祭りで失敗しないために知っておきたい6つのポイント
・札幌雪祭りのツアーもっとお得に、もっと賢く選ぶ方法

★北海道の旬の旅行・ツアー情報が満載★

次のページ 2.ノスタルジックさNO.1!小樽

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.