初めての北海道旅行!絶対行くべきおすすめスポットまとめ♪

Tags: ,

公開日:2015/5/22

北海道イメージ北海道旅行に行ってみたい!でも、いろいろな観光スポットがあるから、どこをどういけばいいのかわからない、という方も多いのではないでしょうか?

温泉がいい?お花畑に行きたい!やっぱり魚介類食べてみたい!大自然におもいっきり触れたい。挙げればキリがないほどですが、全ての願いが叶うのが北海道の強みです。

ということで、どこへ行ったらいいか・何がオススメなのか、絶対行った方がいい場所などを北海道ビギナーさん向けにチョイスしてまとめてみましたので、参考にしていただけると嬉しいです!

1.いつでも人気No.1!札幌

1-1.定番のおすすめ観光スポット

<旧北海道庁>

旧本庁舎北海道の象徴ともいえる、国指定重要文化財、レンガ造りの旧北海道庁。札幌駅から近くにあるので、まずは散策がてら行ってみましょう♪

<札幌時計台>

時計台定番だけど、マストで押さえるべき場所でもある、札幌を象徴する建物の一つ。正式名称は「旧札幌農学校演武場」と言います。

建物は入館もできますので、人力でネジを巻く時計を見学してみてはいかがでしょうか。

<大通公園&観光の〆はテレビ塔へ>

さっぽろテレビ塔大通公園は普段市民の憩いの場として読書をしたり散歩したりと、多くの方から愛されている公園です。

観光と言ってもただの公園では?いえいえ!1年を通して催される公園でのイベントや、手をかけて整備や手入れをし、年中花々や木々に囲まれ生活できる幸せが公園内に溢れかえっているのが、愛される理由とも言えると思います。

よさこいソーラン提供:YOSAKOIソーラン祭り組織委員会
尚、これからの時期はビアガーデンやいよいよやってくるYOSAKOIソーラン祭りなどイベントが目白押しです。

大通公園のライトアップ夜になると公園がライトアップされ、昼とは違った景観を楽しむことができます。また、テレビ塔からの夜景は札幌夜景を一望できる人気スポットになっています。札幌観光の締めくくりにぜひ訪れてみてくださいね。

☆詳しくはこちら☆

・【王道コース】で巡る札幌観光スポット|初めての札幌旅♪

1-2.札幌に行ったら食べるもの

<札幌と言えばラーメン。食べないで帰るなんて勿体ない>

札幌ラーメン言わずと知れた札幌ラーメン。味噌派?塩派?どちらも捨てがたいですよね♪

最近ではえびそばなども登場し、一躍話題をさらっている店舗も。どこを選んでいいか迷うのも楽しみの一つなので、ある程度ピックアップして食べ歩きもいいですよ♪

<スープカレー発祥の地で本物をすする>

スープカレー
さすが発祥地だけあって幾つもの名店がズラリ。ボリューム満点は基本中の基本。鶏肉や野菜をふんだんに使って自慢のスープカレーを合わせた、見た目よりはあっさりした味わいの店舗が多いです。

<ジンギスカンと冷えたビールの相性がとてつもなくいい>

ジンギスカン
新鮮なラム肉や野菜を鉄板の上に乗せ、音を立てて焼きながらキンキンに冷えたビールをキュっと飲む姿に憧れる方も多いはず。

ジンギスカン基本はラムを焼いた脂がドーム型の鉄板の下に落ちていき、その脂でもやしなどを焼きます。店内中がラム肉と野菜を焼いた香りが漂うのもジンギスカンの醍醐味。あとはホテルに帰ってお風呂に入って眠るだけ、の状態にして出かけましょう。

尚、札幌市民・北海道民はお花見にジンギスカンが欠かせないそうですよ♪

<当然スイーツも平らげたい!リトルジュースバー>

リトルジュースバーリトルジュースバー札幌本店オススメは“いちごけずり”と言うスイーツ。いちご自体を凍らせてから濃厚な練乳をかけてサクサクほぐしながら食べます。

練乳の甘みが甘酸っぱーいいちごに絡んでキューンと冷たいのどごしがこれからの夏にピッタリです。

☆こちらもどうぞ☆

・札幌裏グルメ7選|案内本には載らない通だけが知る店

1-3.冬の大イベント、さっぽろ雪まつり

さっぽろ雪まつり、夕暮れの大通会場毎年2月上旬に開催される氷の祭典、札幌雪祭り。毎年様々な氷の彫刻が大通公園に姿を現し、観る人々を魅了します。

さっぽろ雪まつり実際に見てみると氷の彫刻技術はここまですごいのかと感動の嵐。写真では解らない細部までをじっくり観察して、札幌の冬を楽しみましょう!

さっぽろ雪まつりバナー

☆詳しくはこちら☆

・札幌雪祭りで失敗しないために知っておきたい6つのポイント
・札幌雪祭りのツアーもっとお得に、もっと賢く選ぶ方法

2.ノスタルジックさNO.1!小樽

2-1.おすすめ観光スポット

<昼も夜もノスタルジックさを演出する小樽運河>

小樽運河歴史ある石造倉庫群の前を流れる運河を辿って、散歩ができるようになっている小樽。沢山の露店も並び、昼間はとても活気ある明るい雰囲気が心躍る時間にしてくれます。

小樽運河ライトアップ夜は更にノスタルジックさを演出するライトアップや街灯などが、小樽の街を美しいものにしてくれます。昼間とはまた違った雰囲気を醸し出すので、できれば昼と夜の両方ともに訪れたい場所でもあります。

倉庫は当時のままの姿を残しながら、庫内にショップやレストラン・お土産屋などがありますので、そちらも合わせて楽しんでくださいね。

<北一硝子で繊細なガラスを見学>

北一硝子の外観北一硝子は全国でも知名度が高く、手作りガラスの製造や販売を行っています。

北海道開拓時代から開業している老舗で、芸術作品が多数並んでいます。ショップでの販売も行っているので、お気に入りをぜひ見つけてみましょう。

☆詳しくはこちら☆

・初めての方もこれで安心!小樽運河パーフェクトガイド
・【初めての小樽】小樽の観光・見どころダイジェスト!

<北海道三大夜景の一つは小樽。天狗山から望む>

北海道三大夜景 小樽・天狗山からの夜景小樽の市街地からタクシーなどを使ってもサクっと行ける距離にある天狗山。夜景スポットまでロープウェイを使って移動します。

さすが三大夜景だけあって、壮大なスケールの中で光り輝く小樽の夜景を楽しむことができます。

☆詳しくはこちら☆

・あなたも絶景に感動♪北海道三大夜景【小樽の夜景】完全攻略法!

2-2.小樽に行ったら食べるもの

<ネタの大きさと新鮮さにビックリ!定番小樽寿司に舌鼓>

小樽・伊勢鮨北海道には数多くの市場が点在し、その近海から捕ってきた新鮮な魚介類はビックリするほど美味しいです。

市場によってオススメなものもありますが、小樽も負けてはいません。「小樽と言えばお寿司」とイメージが付くほど定番中の定番になっています。気軽に食べられるお店から名店まで数多く揃っていますので、ぜひ味わってみてください!

☆詳しくはこちら☆

・1度は行きたい!小樽のグルメを最高に楽しめる名店2選!

<このお店だから出来たアイディア。かま栄のかまぼこ屋さんで名物を食べる>

kamaei-pan-rollどうしても推してしまいたくなるほど食べてほしいものが「パンロール」。小樽でも行列ができるほどの有名店で、スナック感覚で食べられるかまぼこはないかと編み出した逸品です。

著名人も多く訪れる人気の秘密はやっぱり「味」なんですよね♪新感覚のかまぼこをぜひ食べてみましょう。

女子旅イメージ

3.夜景NO.1の港町!函館

3-1.おすすめ観光スポット

<函館の夜景>

函館の夜景日本三大夜景は函館・神戸・長崎です。これは非営利団体の夜景倶楽部から選定されました。

日本でも代表的な夜景として世界中からも注目を浴びている函館山からの夜景は、せっかく来たなら必ず訪れてほしいところです。眼下に広がる光の加減が絶妙な函館夜景は、ぜひ旅行計画に入れてほしいと思います。

☆詳しくはこちら☆

・絶景!函館の夜景を120%満喫するための全てと穴場スポット

<函館の主要観光ポイントが凝縮された、函館市街地>

函館の市電路面電車で移動しながらのんびり観光できる函館。北海道のほとんどがレンタカー移動メインとなりますが、函館はあえて路面電車で観光地巡りや温泉巡りをして欲しい場所です。

札幌の観光スポット定番のトラピスチヌ修道院をはじめ、開拓時代の面影が残る坂道や教会群や領事館巡りなども異国情緒あふれる旅となるでしょう。

☆詳しくはこちら☆

・路面電車でのんびり函館旅!市電で巡る函館モデルコース

3-2.函館の食と買い物で外せない朝市!

<市場めしをほおばって>

函館朝市函館駅前から港方面へ。函館朝市は毎日活気に満ち溢れています。

市場からは活きのいい声が聞こえ、ついつい足を止めて物色してしまいたくなる気分になる市場です。彩豊かに並ぶ函館市場の素材は、どれもこれも欲しくなってしまうものばかり。

その日の朝水揚げされたばかりの鮮度バツグンの海産物が各店頭にズラリと並べられ、その他乾物も安く手に入ります。
函館市場はドラマや映画にもよく使われるロケ地としても知られ、味も文句なし!

函館朝市で海鮮丼隣接されているどんぶり横丁の食堂で、てんこもり市場めしを食べたり散歩したり。
これから旬を迎える濃厚ウニや真イカなどもしっかり押さえておきたいところです。

函館のイカソーメン新鮮な海産物を見ているだけで楽しめる、そんなワクワクする出来事がここにはあります。
ぜひ市場散策を楽しんでみてくださいね!

4.お花畑といえば!富良野・美瑛

3-1.おすすめの花スポット

<富良野・ラベンダー畑>

富良野のお花畑これから本格的なシーズンを迎える富良野・美瑛の大自然の競演。富良野を代表するラベンダー畑には着々を苗が植えられ、美しく咲き誇る姿を見せる為、日々成長しています。

富良野のラベンダー畑お気に入りの農園を見つけて1か所集中もいいですが、1日で巡れる優れた立地なのでぜひそれぞれの特徴ある農園巡りをしても良いと思います。

富良野のお花畑ほとんどの農園はラベンダーに限らず、丁寧に手入れをされている四季折々の花が斜面に敷き詰められているので、観る人々に癒しを与えてくれますよ。

☆詳しくはこちら☆

・富良野へラベンダーを見に行こう!時期、見どころのすべて!

<美瑛・ウェーブ上に咲き誇る、丘から見下ろす最高の時間を>

美瑛のお花畑美瑛にも有名な農園が点在します。その中でも四季彩の丘やぜるぶの丘などが有名どころ。「丘」とはこういうことなんだ、と実感できるほど目の前には美しい世界が広がっています。

その他美瑛に行ったら立ち寄りたいスポットとしてマイルドセブンの丘や青い池などもありますので、お時間がありましたら合わせて観光してみましょう。

☆詳しくはこちら☆

・富良野・美瑛の地の良さが出ている観光スポットと時間別モデルコース!

3-2.ご当地グルメ

もはや定番!「富良野オムカレー」
富良野オムカレーオムカレーとは、オムライスにカレーがかかった食べ物。富良野ではもはや定番になりつつあり、知名度をグングンあげています。

カレーというよりは、ハヤシライスに近い味付けにとろーり半熟タマゴがごはんにふんわり乗っています。

エゾカレーまた南富良野は、「エゾシカ肉」を使ったエゾカレーも有名。きちんと加工処理され、ここでしか味わえないエゾシカ肉をフライしてあります。こちらもご興味があればぜひお試しあれ!

5.北海道の大地のめぐみ、人気の温泉!

登別温泉

登別温泉北海道を代表する温泉、登別温泉。!登別と言えば、クマ牧場のクマや地獄谷も有名です。コンコンと沸いてくる源泉かけ流しを味わえる登別温泉は、一度は入りたい温泉として今でも上位に入る人気です。

基本的に高温で泉質はラジウム・硫黄温泉その他数種類の泉質を楽しめる宿もあります。体の芯から温まりますのでぜひ入ってみてくださいね

定山渓温泉

定山渓温泉定山渓温泉は名前の通り、渓流などを楽しみながら温泉に入れる場所として知られ、天界の温泉とも言われています。特に秋の紅葉時期は温泉の湯の中まで混み合うほどの人気です。

基本的な泉質は無色透明のナトリウム 塩化物泉(中性低張性高温泉)。皮膚病などにも効くと言われ、湯治に訪れる方もいます。もちろんよく温まりますので、風情豊かな渓流を眺めながら温泉を楽しみましょう。

十勝川温泉

十勝川温泉十勝川温泉音更町(おとふけちょう)は、モール泉という全国でも珍しい泉質が特徴の温泉です。

主な泉質はナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉(弱アルカリ性低張性高温泉)。やけどやリウマチなどに効果あり。また美人の湯として女性に定評あり!

日帰り入浴温泉などもあるので、ブラリと立ち寄って温泉を満喫♪自然を大切にする十勝大地を温泉と共に感じてみましょう。

阿寒湖温泉

阿寒湖温泉アイヌの歴史と街並が残る阿寒湖温泉。基本的な泉質は単純泉、硫黄化水素泉となっていて、主に神経痛などによく効きます。

温泉街の他にもアイヌ村を散策できるなどの楽しみがあります。木彫りのお土産をゲットしたり、アイヌ伝統音楽に触れたり、温泉+αが楽しめる場所です。

☆こちらの記事もどうぞ☆

・北海道の秘湯|北海道出身の温泉ファンが推す秘湯10選【入門編】
・初めての阿寒湖でもこれで安心!阿寒湖観光ガイド!

旭山動物園バスツアー特集

6.アウトドア&自然派へ!おすすめスポット

大自然を五感で感じる知床・羅臼

羅臼クルーズ・シャチ知床半島の東・羅臼には北の大地を生きる動植物が沢山います。5月~の時期は野生クジラやシャチがひょっこり顔を出し、回遊する姿を観光船から眺めることができるんです。

lake-rausu-end尚、知床トレッキングは6月~がまさに旬。世界自然遺産に登録された頃から話題になり、未だその人気は衰えることなくトレッキング客が訪れます。知床半島の中でも最大の湖「羅臼湖」などを訪ねて大自然を肌で感じてみませんか?

☆詳しくはこちら☆

・【日本一遅い?7月に桜が咲く】羅臼湖トレッキング体験記!
【日本一遅い?7月に桜が咲く】羅臼湖トレッキング体験記!)
・海の王者・シャチがもう目の前!知床・羅臼クルーズの凄さ!!
・知床峠の四季|世界自然遺産・知床、春夏秋冬の絶景と魅力

冬のニセコ

ニセコスキーと羊蹄山冬のニセコには、楽しみが沢山あります。スキーボードもそうですが、雪をおもいっきり楽しめるアクティビティが充実しています。

冬のニセコイメージゴムボートに乗ってスノーモビルが牽引するスノーラフティングやトナカイソリに乗ったり、その他トラクターで雪景色を周遊したりクロスカントリーなどもありますよ!自然の力を利用した楽しみ方ってこんなにあるんです。

hkd_ski2016

利尻・礼文

トレッキングや観光、せっかくデビューするなら利尻島・礼文島がオススメです。
礼文島高低差があまりないビギナー向けのコースから充実コースまで盛り沢山なのが礼文島。
利尻島観光メインで食や島の雰囲気をのんびり散策できるのが利尻島です。どちらも合わせて1日で巡ることも可能なので、ぜひ行ってみましょう。

☆詳しくはこちら☆

・シーズン到来!礼文島の観光|日本最北の島の楽しみ方
・一度は行きたい利尻島の見どころ完全版!【春~夏~秋版】

トマムの雲海

雲海テラスの朝焼けトマム内にある星野リゾート・雲海テラスでは、朝方に見る雲海と共に様々なアイテムが楽しめます。

星野リゾートトマム・雲海テラス今では1シーズンの来場者数が11万人を超すほどの注目スポットとなり、どうしたら訪れる人が楽しめるか、サービスのクオリティの高さもさすが星野リゾートと言えます。今年こそは眼下に見える雲海を見てみましょう!

☆詳しくはこちら☆

・感動の絶景!大注目の雲海を楽しめる北海道の厳選3ヶ所【2017年版】
・夏はもうすぐ!6月・北海道の見どころ&イベント、服装まとめ!

まとめ

北海道には、魅力ある観光地や食べ物、何度行っても飽きない箇所などがいっぱいです。ここに行ってみたい、あの場所へ今度こそ!と記事を読んで感じて頂けたら幸いです。

↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.