MENU
SEARCH
× 北海道スキー&スノーボードツアー 
受付開始!
特集ページへ

地元民がおすすめ♪見逃してほしくない函館定番グルメ!

エリア
函館・道南・奥尻
投稿日
最終更新日:2019年4月11日
異国情緒あふれる教会群や歴史ロマンを感じる五稜郭公園など、ほかの土地にはない独特の雰囲気が魅力の函館。ノスタルジックな函館の街を歩くと、函館の開拓の歴史をそこかしこに感じることができます。そんな函館観光のもう一つのお楽しみといえばやっぱり「グルメ」!活イカや塩ラーメンが有名ですが、函館にはそれ以外にも定番グルメが存在します。そこで今回は、函館旅行でぜひ召し上がっていただきたい函館グルメを地元民の目線でご紹介します。

1.塩ラーメン(あじさい)

地元民おすすめ 函館 グルメ 塩ラーメン あじさい 商品 
函館でラーメンといえばやはり「塩ラーメン」。ご当地グルメとして「函館ラーメン」と呼ばれることもあります。

函館で塩ラーメンが普及した理由には諸説あり、定かなことはわかりませんが、古くからの開港地であった函館には、海産物の買い付けなどで華僑(中国から海外に移住した中国人、またはその子孫)が多く訪れていて、函館で初めて中華料理店を開いたのも華僑の一人。

その店主が広東省の出身であったため、広東で定番の塩味のスープとストレート麺を使ったラーメンがお店で提供され、それが広まったというのが有力な説のようです。

地元民おすすめ 函館 グルメ 塩ラーメン あじさい 店舗外観
市内に4店舗を構え、新千歳空港や札幌などにも出店している「麺厨房あじさい」。五稜郭町にある本店は、函館を代表する観光スポットである五稜郭タワーの目の前という好立地にあります。店内には大きな窓があり、函館の街をゆっくりと眺めながらラーメンを頂くことができますよ。

地元民おすすめ 函館 グルメ 塩ラーメン あじさい 看板メニュー
看板メニューの塩ラーメンは、スープに道南で採れた昆布と豚骨、鶏ガラや岩塩を使い、あっさりとしながらも深みのある味が特徴的です。

透き通るようなスープに絡むのは細身のストレート麺。具材は、どんぶりを覆うように散らした刻みネギとチャーシュー。スープをたっぷりと吸いこんだお麩がいいアクセントになっています。

函館麺厨房 あじさい本店
住所:函館市五稜郭町29-22
TEL:0138-51-8373
営業時間:11:00~20:25
定休日:第4水曜日(祝祭日の場合翌平日)
URL:http://www.ajisai.tv/index.php

2.イカ刺し(駅二市場)

地元民おすすめ 函館 グルメ イカ造り
函館を代表する海産物といえば「イカ」。市民が製作したいか踊りという盆踊りのような踊りがあったりイカール星人というゆるキャラがいたりと市民にもなじみ深い存在です。

毎年6月1日にはイカ漁が解禁され、夜の津軽海峡に漁火の青い光が浮かび上がります。水揚げされたイカは、朝から刺身で頂くのが函館流。新鮮なイカは色も透明でコリコリとした食感と甘みがクセになる味。身はもちろん、ゴロと呼ばれる内蔵もそのまま食べることができます。
地元民おすすめ 函館 グルメ 駅二市場 イカ釣り

函館市内にはイカ用の生け簀を持つ飲食店も多く、活イカを頂けるチャンスはたくさんありますが、せっかくなら自分で釣ったイカを刺身で頂くのはどうでしょう?
函館朝市内の駅ニ市場には、活イカ釣りの体験コーナーがあり、釣竿を使って簡単にイカ釣りに挑戦できます。

釣ったイカはその場でお店の方がさばいてくれます。華麗な包丁さばきも必見ですよ。出来立ての活イカ刺しは地元民のおすすめ、生姜醤油で召し上がってみてくださいね。

駅二市場
住所:若松町9番19号
TEL:138-22-5330
営業時間:5:30~14:00(11月~4月 6:00~14:00)
定休日:1月~6月と10月・11月の第3水曜日、1月1日~3日
URL:http://www.asaichi.ne.jp/ekini/html/ibento02.htm

3.カレーライス(五島軒)

地元民おすすめ 函館 グルメ カレーライス 五島軒

1879年(明治12年)に洋食レストランとして創業した「五島軒」。その看板メニューが、創業当時から変わらない味を守り続けるカレーライスです。

2018年には、ミスタードーナツとのコラボメニューにもなり全国的にも有名になった五島軒。本店に併設されたレストラン「雪河亭」では、人気のカレーライスをはじめ、北海道の食材をふんだんに使った洋食メニューをノスタルジックな雰囲気の中で楽しめます。

雪河亭
住所:函館市末広町4-5
TEL:0138-23-1106
営業時間:11:30~20:30(11月~3月は20:00)
定休日:2月毎週月曜日定休
    1月2月は月曜定休。12月31日は14:30L.O、15:00閉店。1月1日、2日は休店
URL:https://gotoken1879.jp/restaurant/
地元民おすすめ 函館 グルメ カレーライス 五島軒 店舗外観

もっと気軽に五島軒のカレーを楽しみたいという人には、五稜郭タワー内にある「函館カレーExpress」がおすすめ。人気のカレーメニューを観光の合間に気軽に頂くことができますよ。

函館カレーExpress
住所:函館市五稜郭町43-9 五稜郭タワー2F
TEL:0138-52-5811
営業時間11:00~19:00(10月中旬から4月上旬は18:00)
年中無休
URL:https://gotoken1879.jp/goryokaku/

4.ハンバーガー(ラッキーピエロ)

地元民おすすめ 函館 グルメ ハンバーガー ラッキーピエロ 店舗外観
函館のB級グルメといえば、ラッキーピエロのハンバーガー。函館市をはじめ道南に17店舗を構えるチェーン店ですが、道南以外には出店していないので、まさに函館だけで味わえるご当地グルメなんです。

お店の内装は、すべてに異なるテーマがあり同じものが2つとないので、観光の間にいくつかのお店をはしごしてみるのもおすすめですよ。

地元民おすすめ 函館 グルメ ハンバーガー ラッキーピエロ 商品
ラッキーピエロを訪れるなら、まずは人気ナンバーワンのチャイニーズチキンバーガーがおすすめ。甘酸っぱい中華だれを絡めた唐揚げとレタス、マヨネーズソースがたっぷり入ったチャイニーズバーガーは、男性でも満足のボリューム。

ほかにもポテトフライにミートソースとチーズを絡めたラッキーポテトやご飯メニューなどここでしか会えないメニューがいっぱいです。

ラッキーピエロ
*店舗や営業時間は公式HPでご確認ください。
URL:http://luckypierrot.jp/

5.やきとり弁当(ハセガワストア)

地元民おすすめ 函館 グルメ 焼き鳥弁当 ハセガワストア
ハセガワストアの「やきとり弁当」も函館でしか味わえないご当地B級グルメ。

お客さんの「お弁当ないの?」の声にこたえて、店内で焼いていた焼き鳥をおにぎり用のご飯と海苔の上に載せて提供したのが始まりだそうです。

「やきとり」という名がついていますが、使われているのは豚精肉。実は道南では、焼き鳥というと「豚肉」というのが常識なんです。
地元民おすすめ 函館 グルメ 焼き鳥弁当 ハセガワストア 店舗外観

ハセガワストアは函館地区に13店舗ありますが、訪れるなら本社のある中通店がおすすめ!ここはロックバンドGLAYのJIROが自著でも紹介し、ファンの間でも聖地として親しまれているんです。

地元民おすすめ 函館 グルメ 焼き鳥弁当 ハセガワストア 店舗内
カウンターにある注文用紙にオーダーを書いたら、出来上がりを店内で待ちましょう。店舗によって飲食スペースを設けているところもあるので、出来上がった焼き鳥弁当をその場で頂くこともできますよ。

ハセガワストア 中道店
住所:函館市中道2-14-16
TEL:0138-54-1521
営業時間24時間
年中無休
URL:http://www.hasesuto.co.jp/index.html

おわりに

函館旅行でぜひ食べて頂きたい定番グルメをご紹介しました。どのグルメも函館市民にとっては馴染み深いものばかり。

函館でしか食べることができないものもあるので、旅行の前にチェックしてみてくださいね。

こちらの関連記事もどうぞ

姉妹サイトのご紹介(よかったら見てね)

沖縄の旅が100倍楽しくなる旅行サイト 九州の旅が100倍楽しくなる旅行サイト

エリアから選ぶエリアから選ぶ

注目のタグから検索注目のタグから検索

  • 貸切ジャンボタクシー特集 北海道ラボアプリバナー
  • Instagram Facebook WBFダイナミックパッケージ

    姉妹サイトのご紹介

    沖縄の旅が100倍楽しくなる旅行サイト 九州の旅が100倍楽しくなる旅行サイト
  • 北海道ラボをフォロー北海道ラボをフォロー

    • Facebookをフォロー
    • Instagramをフォロー