道央道の噴火湾パノラマパークで、絶景の休憩タイム!|八雲町

Tags:

公開日:2016/10/7

Pocket

噴火湾パノラマパーク イメージ

ご覧ください!この美しいパノラマビュー!

ここの絶景は道南にある道央自動車道、八雲パーキングエリアに隣接した公園「噴火湾パノラマパーク」からの眺望です。
長旅の疲れを癒すドライブの立ち寄りスポットとしても有名な場所。

トイレに立ち寄るだけではもったいない、眺望あり、グルメあり、子供も大喜びする仕掛けたっぷりの噴火湾パノラマパークの魅力をお伝えします。

もくじ
1. 八雲町の場所を確認
2. 噴火湾パノラマパークの魅力
3. 物産が並ぶ「丘の駅」
4. パノラマ館(ビジターセンター)
5. 時にはこんなイベントも!
6. おわりに

1.八雲町の場所を確認

八雲町は北海道南部、渡島半島にある町です。
太平洋と日本海の両方に面するという日本で唯一の町なのです。

函館の近隣する町であり、近年の北海道新幹線の開通により本州方面からレンタカーを利用した観光客も増えつつある八雲町。
函館からは距離にして約70km、高速道路を利用すると約1時間30分のところにあります。

札幌からは約200kmの距離で3時間30分。
長距離ドライブを楽しむには、一息つけるオアシススポットは大変重要ですね。

体の疲れを休めるだけではなく、その土地の特色に触れることが出来るのも、こうした施設付きのパーキングエリアは旅を楽しむイベントの一つとも言えます。

PA直結の「噴火湾パノラマパーク」は立ち寄りやすい絶好のスポット。
札幌―函館間を走るドライバーさんは素通りせず、ぜひ足を延ばしてみてください。

噴火湾パノラマパーク 駐車場イメージ

くれぐれもご注意いただきたいことがひとつ。
噴火湾パノラマパークは一般の方の駐車場と、高速道路をご利用の方の駐車場が分かれています。

この公園から直接、高速道路へ入ることは出来ませんので、八雲ICからご利用くださいね!

2.噴火湾パノラマパークの魅力

噴火湾パノラマパーク イメージ

噴火湾パノラマパークの魅力。それは間違いなくその名の通りのパノラマビュー!

「素敵な風景と出会う、交流の丘」として平成18年にオープンしました。
そして北海道の大地が右手で抱え込むようにしている、あの丸い部分が噴火湾(内浦湾)です。

その遠景を一望できるとあって、観光客にとっての人気スポットとなりました。
なだらかな丘陵につくられたこの公園は62.7haもあり、敷地の中にはパークゴルフ場や、キャンプを楽しめる施設も併設されています。

3.物産が並ぶ「丘の駅」

噴火湾パノラマパーク 丘の駅

こちらは丘の上に建つ「丘の駅」。八雲周辺の函館や寿都(すっつ)、蘭越(らんこし)などの観光情報を得られるとともに、地域でつくられた約500もの特産品が扱われています。

道南の街づくりのための情報を発信するアンテナショップです。

噴火湾パノラマパーク 丘の駅 店内

この日は園内でイベントが行われるとあって、多くのお客さんでにぎわいを見せていました。

中でも注目されていたのは冷蔵ケースに並べられたスイーツたちやドライブ中でも片手で食べることが出来るホットスナック。
ここで「丘の駅」で販売されている商品をいくつかご紹介させていただきますね。

噴火湾パノラマパーク 丘の駅 販売商品

左奥から
▽八雲チーズ工房「ドリンクヨーグルト」150ml 194円(税抜)
トロッと濃厚でミルク本来の味を楽しむことができます。

▽くらや菓子本舗 塩キャラメルプリン 278円(税抜)
熊石海洋深層水のまろやかな塩が甘さを引き立てます。

手前左から
▽八雲けんこう豚 串カツ 185円(税抜)
しまりが良くきめが細かな豚を使用したあっさりした味の串カツ

▽八雲牛八雲豚メンチカツ 150円(税抜)
肉の旨みがぎっしり詰まった、贅沢なメンチカツ

カゴいっぱいに商品を詰めこむお客さんを多く目にしました。どれも試してみたい!
あの人に食べてもらいたいと思える特産物が豊富でしたので、これは納得です!

噴火湾を見下ろした絶景の中でいただけるスイーツの甘さは、長距離運転の疲れも吹き飛びます!

また、ホットスナックも小腹がすいた時に満足できるボリュームで、また食べてみたいと思わせる、あと引くおいしさがギュッと詰まっていました。

geo-hakodate

4.パノラマ館(ビジターセンター)

噴火湾パノラマパーク  パノラマ館

こちらの近代的で洗練された造りの建物は「パノラマ館(ビジターセンター)」です。

パノラマのロケーションにマッチした横長の施設には雨などの天候に左右されず遊べる、インドアプレイスペースの「キッズアリーナ」がありました。

噴火湾パノラマパーク キッズアリーナ

これを見た子供たちはお父さんの手を振り払い、一斉に走り出します!!

小さな子供に大人気のボールプールや、やんちゃなお子様も満足できるロッククライミングなど、子供たちにとっての最高のオアシス!
長いドライブで退屈していた窮屈だった体が元気に弾けだす瞬間です。

噴火湾パノラマパーク パノラマカフェハーベスター

そのすぐ隣には「パノラマカフェハーベスター」があり、ゆっくりコーヒーなどいただきながら、元気な子供たちの姿と外の絶景を楽しみながらのんびりとした時間を過ごせます。

そしてレストランや、お土産物も買えるコーナーも併設。
お昼時でしたら家族そろって腹ごしらえするのも良いですね。

■パノラマ館(ビジターセンター)
開館期間:通年営業(年末年始を除く)
開館時間:10:00~18:00
休刊日:毎週月曜日(※月曜日が祝日の場合は翌日閉館)
入館料:無料
授乳室・コインロッカー・FREESPOT施設有り
TEL:0137-65-6030

■パノラマカフェハーベスター(パノラマ館内カフェテリア)
営業期間:通年営業(12/1よりメニュー・営業時間に一部変更あり)
営業時間:11:00~16:00
定休日:毎週月曜日、年末年始
TEL:0137-65-3003

5.時には、こんなイベントも!

噴火湾パノラマパーク イベント

丁度この日はイベントが行われていました。
普段見ることが出来ない農業機械がどどーんと展示されていました。

子供の背丈ほどもある大きなタイヤに力強いフォルムが迫力満点!
そしてこれは何に使う車かご存知でしょうか?牛たちのご飯になる牧草ロールを運ぶトラクターなのです。

先端のアームでがっちりと掴み取ります!

噴火湾パノラマパーク イベント

そしてこちらが牧草ロールのジャングルジム!
北海道らしいスケールの大きな巨大遊具が出現していました。

まるで普通のロールケーキが積み上げられているような、軽やかな盛り具合です。

噴火湾パノラマパーク イベント

巨大な木の幹をくり抜いたトンネルです。大自然をそのまま遊具にしてしまう、贅沢なアミューズメントスペースが設置されていました。

噴火湾パノラマパーク イベント

極めつけはこちら!丘陵の丘を利用したターザンロープ。

大型のトラクターと運搬用トラックの間にロープを張って造った、なかなかお目にかかれない、ダイナミックな遊びです。
大人の方も大興奮のご様子でした。

こうしたイベントは噴火湾パノラマパーク公式ホームページにある、「イベント情報でご確認ください。施設のスタッフの方たちが考え抜いた、四季折々の楽しいイベントを開催しているようですよ。

■噴火湾パノラマパーク 公式HP

6.おわりに

噴火湾パノラマパーク 

いかがでしたか?

立ち寄りスポットと言ってしまうのはもったいないほどの充実した施設やグルメ、絶景のロケーションを兼ね備えた「噴火湾パノラマパーク」。まさにハイウェイのオアシスです。

北海道は広い大地であることから、高速道路も単調で長い距離が続きます。
こうしたパーキングエリアで充分な休息をとって、北海道の旅を最高なものにしてくださいね。

↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd
Pocket

Speak Your Mind

*

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.