北海道のゴールデンウィーク!おすすめ観光スポットまとめ!

Tags: ,

公開日:2016/1/2

Pocket

higashimokoto-park1もうしばらくするとやってくるゴールデンウィーク。長期のお休みでどこに行こうか、と思っていませんか?冬も終わりを告げて、心地よい新緑に変わっていく北海道は遊べる場所がいっぱいです。

出国ラッシュや自動車道のラッシュはもううんざり!羽田から飛行機で約1時間、快適な北海道旅行はいかがでしょう?さらに今年は北海道新幹線も開通!!

ということで、ゴールデンウィークの北海道ならではのイベントや春スキー、観光スポットを厳選してご紹介いたします!

1. ゴールデンウィークにおすすめの観光スポット

1-1. 日本の動物園で1番人気♪大人も子供も楽しめる旭山動物園

asahiyama-zoo-kapipara一躍有名になった旭山動物園は、動物本来の姿をそのまま見てもらうという、他の動物園にはなかった行動展示が人気のヒミツですよ。そんな旭山動物園は、例年ゴールデンウィーク(2015年は4月29日)から夏季営業がはじまります。で、冬季と何が違うかと言うと・・・

★屋内の飼育舎で過ごしていたペリカンやカピバラなどが野外の展示スペースに戻ってくる!
※厳しい冬を越すまでの間、寒さに弱い動物は屋内の飼育舎で過ごしていました。夏季営業に入るとペリカンやカピバラなどが屋外の展示スペースに戻ってきます。

■冬には見ることができなかった動物=カピバラ・北海道の野鳥・コノハズク・アオバズク・オオコノハズク・キンメフクロウ・エゾシマリス(北海道産動物舎)、ととりの村の水鳥、クジャク・ホロホロチョウ(キジ舎)、ウンピョウ・ヤマアラシ(小獣舎)、は虫舎のは虫類と両生類、サル舎、ペリカン(総合動物舎)、キョン(てながざる館)など。

★エゾシカやホッキョクギツネなどの、冬の毛から夏の毛の生え変わる姿が見ることができる!
※自然の中で生きる動物たちに与えられた、生きる為の自然現象が見られます。(季節や種類によって時期はずれますが・・)

★入園門は3つ!効率よく回りましょう
asahiyama-zoo-original-
効率よく回っていただけるお手製園内MAPを作ってみました。
せっかく行くなら上手に回ってストレスなしで攻略したいですよね!そこでオススメのコースを絵で表わしてみました。
ポイントは中央部です。混み合うぺんぎん館とあざらし館、ほっきょくぐま館を朝1番で狙ってその他と右回りでぐるっと回るのがオススメですよ!(経験上・・)

【こちらもご参考に♪】
・旭山動物園へバスでGO!一目でわかる札幌発ツアー比較表つき

1-2. スケースがまるで違う!ガテン派にオススメの知床ゴールデンウィーク限定雪山トレッキング

知床は北海道の中でも雪解けがとても遅い場所です。今では世界自然遺産にもなって一躍有名になった場所を、GW限定の特別なツアーで楽しむのもアリですよ!
shiretoko-spring-trekking
★標高600m~700mの亜高山帯をスノーシューで散策できます。
知床でも雪解けが始まっている地帯から離れて、さらに上を目指しての雪山散策は、山好きや雪景色が好きな方にはたまりません。標高600mと言っても、富士山に例えると6合目付近ほどに相当するんですよ~!真っ白い雪原をスノーシューという足に装着する道具を使えば、ふかふかパウダーを気持ちよく歩けるのが魅力です、大スケールな景観をバックに、冬へ逆戻りするのも乙ですね~!登山道入り口から羅臼湖(らうすこ)までは片道約3kmほど、往復6kmの散策です。
shiretoko-spring-trekking2
※ゴールデンウィーク期間限定ツアーを開催しているところがあるので、要チェックです。

知床ネイチャーオフィス
住所:〒099-4355 斜里町ウトロ東365
電話:0152-22-5041

1-3. 有名な動物タレントが多数在籍!ノースサファリサッポロ

札幌市内にある体験型動物園の一番のポイントは「ふれあい」です。鑑賞するだけではなくて、直接猛獣へのエサやりや、その他海獣や鳥類までいる魅力の動物園です。
north-safari-sapporo-tiger
★かわいい動物タレントがいっぱい!
プロダクションも運営しているノースサファリのタレントは、ドラマや映画、CMに是非とひっぱりだこ。有名なCMなどにも多数出演しているんです。(詳細はHP参照で・・)
north-safari-sapporo-tanuki
★体験型の動物園と称するだけあって、直接触れ合うことを大切にしている動物園です。
(ライオン、クマの餌やり、珍獣との触れ合いも!)去年2014年には、フクロウやタカ、キツネが中心に住んでいた「フクロウとキタキツネの森」を「デンジャラスの森」にリニューアル。森だけあってオオトカゲやニシキヘビ、ピラニア等の若干?危険な動物もいて、すぐ上を歩くといった経験もできるんです。ノースサファリ・アドベンチャーのエリアも充実していて、夏季営業の際は水陸両用車や四輪バギーなども体験もできちゃいます。
GW限定イベントなども毎年開催中です。是非チェックしてみてくださいね。

ノースサファリサッポロ
〒061-2273 北海道札幌市南区豊滝469−1
Tel 011-596-5300
営業時間 09:00~17:00(入場は16:00まで ※2015年GW期営業時間)

1-4. 明治~昭和へタイムトリップできます!朝ドラ「マッサン」ロケ地、北海道開拓の村

mori-no-charenga-image1

★開拓の村は、北海道100年を記念して昭和58年4月にオープンしました。東京ドーム約15個分の広さに相当する54ヘクタールの敷地は、明治から昭和にかけて建築された北海道各地の開拓時代、63棟の歴史的建造物が移築、または再現されている施設です。
mori-no-charenga-horsetrain
★夏季は馬車鉄道も運行されています。北海道の開拓した方々の知恵や努力を楽しく見ることができるので、歴史が若干苦手な方でも十分楽しめますよ!
開拓の村食堂では、北海道の海や山の食材を使った料理も食べることができるので、まる1日楽しめるのもポイントが高いです。
開拓当時の年中行事を再現したり、開拓時代に親しまれた遊戯文化や伝承活動も見ることができます。

北海道開拓の村
〒004-0006  札幌市厚別区厚別町小野幌50-1
Tel:011-898-2692

1-5. 花博覧会の会場だった百合が原公園

yurigaoka-park-sapporo1
★札幌市内にある百合が原公園は、花博覧会の会場をキッカケに有名になりました。札幌市の中心部から約8km離れた場所にあって、敷地面積が25.4ヘクタール程の総合公園です。

春を感じる花々に癒されて、まったり過ごすのもオススメですよ!花の公園として、年齢を選ばず親しまれています。ゴールデンウィークの時期は主に水仙やムスカリとチューリップが見頃です♪(その年の雪解けや気温によって変化します。自然を追いかけるのは難しいですよね・・でも、それが魅力!!)yurigaoka-park-flower-infomation

百合が原公園
〒002-8082 北海道札幌市北区百合が原公園210番地
問合せ先:百合が原公園管理事務所 8:45~17:15 Tel:011-772-4722

2.ゴールデンウィーク注目のイベント

ゴールデンウィークに旅行へ行くのなら、北海道ならではのイベントにも積極的に参加したいものですよね!そこで現地ならではの、ゴールデンウィークでしか参加できない注目イベントをご紹介したいと思います。是非北海道の旅を満喫してくださいね。

2-1.奥尻島独特の「島時間」が体験できる島びらき!

okushiri-island-unimaru
★5月から本格的な観光シーズンを迎える奥尻島。毎年行われている「海開き」ではなく、、、「島開き」は近年好評を呼んで沢山の観光客で賑わいます。22年程前に、津波による被害で街が一瞬にして跡形もなく消えてしまった奥尻島。その姿は全国に衝撃をもたらしましたが、沢山の方々の義援金や物資提供によって明るい街を取り戻しました。その元気な島民の方々が明るく迎えてくれます。

okushiri-island-sanpeijiru
無料で振る舞われる郷土料理、「三平汁」をはじめ、島ビンゴ大会やしりふり音頭や奥尻音頭などのイベントも開催予定です。現地の美味しい海の幸が食べられますよ~~。奮ってご参加くださいね!正直、すっごく楽しいです。

◆◇◆詳細情報◆◇◆
※昨年2015年は5月1日(金)に開催しました。2016年は未定です。
※会場は「海洋研修センター」を予定しています。
【お問い合わせ】奥尻島しまびらき実行委員会(奥尻島観光協会内)
電話01397-2-3456

2-2.北海道随一の桜の名所!松前さくらまつり

★桜の名所100選として近年ますます賑わっている松前公園は、約1万本250品種の桜が次々と咲き誇ります。

matsumae-cherry-festival14月下旬から5月下旬までの1ヶ月間で、早咲き・中咲き・遅咲きの桜を見ることができますよ!景観もとってもステキで、津軽海峡を眺めて散歩しながら見る桜は最高です。毎年桜の時期になると開催される「松前さくらまつり」で、桜や海産物を満喫しましょう。
matsumae-cherry-festival2

◆◇◆詳細情報◆◇◆
※開催期間 2016年4月29日(金)~5月20日(金)まで
※松前町ツーリズム推進協議会(松前町・松前観光協会・松前商工会)
電話:0139-42-2726

2-3.東藻琴(ひがしもこと)芝桜公園を会場に開催される「芝桜まつり」

緩やかな斜面一面に広がる芝桜が圧巻です。大切に育てられた色とりどりの芝桜を見ることができる東藻琴芝桜公園が会場の「芝桜まつり」。
higashimokoto-park110ヘクタールにわたって広がる、色鮮やかな絨毯が一面に敷き詰められます。初日はオープニング記念として記念品を配布されて(先着100名までです)、子どもまつりと称して遊具の無料券配布やゲーム大会、縁日等を楽しめますよ。

higashimokoto-park2毎年気候によって咲き具合が変わりますが、そこは自然現象!雰囲気やイベントもとても楽しいので、検討する価値は十分あります♪
◆◇◆詳細情報◆◇◆
※桜まつり開催期間 例年5月上旬~6月上旬
※お問い合わせ先:(株)東藻琴芝桜公園管理公社
住所:北海道網走郡大空町東藻琴末広393
電話:0152-66-3111

2-4.二十間道路桜並木 さくらまつり

nijukken-road-cherry
★桜を存分に楽しめる場所を選ぶのも乙です。お弁当や飲み物を買い込んで、北海道遺産や日本の道百選、日本さくら名所100選にも選ばれている桜並木を散歩したり、お弁当を広げてを食べたり。

nijukken-road-cherry2幅が二十間(約36m)というところから名前が付けられた二十間道路は「ひと目1万本」といわれる桜並木で有名なんです。長さは直線約7kmという大スケール!どこまでも続く満開の桜並木を満喫できますよ。イベント会場では、お土産広場や龍雲閣の一般開放もあります。
◆◇◆詳細情報◆◇◆
※お問い合わせ先:新ひだか町役場 静内庁舎わがまちPR戦略室
電話:0146-43-2111
※例年4月上旬に桜まつりの詳細が発表されます。是非チェックしてみてくださいね。

2-5.体験型施設のサッポロさとらんど

★都市と農業の共存をテーマにした体験型の施設です。子供も大人も楽しいGWイベントがいっっぱいです。
sapporo-satoland動物に哺乳やエサやりなどの体験ができるほか、ふれ合い体験、季節の野菜の収穫やバター、ソーセージなどの手づくり体験などなど。
sapporo-satoland-butter食と農業をテーマにした体験型施設は美味しい楽しいがいっぱいです!パークゴルフ場や炊事広場でのバーベキューなど、気軽に遊びに行けるレジャーとしてはバツグンの充実度です!
◆◇◆詳細情報◆◇◆
※問い合わせ先:指定管理者 さとみらいプロジェクトグループ
住所:〒007-0880 札幌市東区丘珠町584番地2
電話:011-787-0223
※ゴールデンウィークイベントは例年4月に発表されます。是非チェックしてみてくださいね。

3.春スキーについて

★一般的にゴールデンウィーク終了まで滑れるゲレンデは北海道だから叶う場所も多々あります。ぎりぎりまで滑っていたい!そんなあなたにオススメの情報をピックアップしてみました。
・主要ゲレンデ

・大雪山層雲峡黒岳スキー場

kurodake-ski-slope
・何といっても大量の積雪が自慢です!(雪が多すぎてハイシーズンはリフトが運休します)
・コース外の滑走は危険なので、絶対にしないようにしましょうね。

・大雪山旭岳ロープーウェイ

asahidake-ski-slope
・こちらも大雪山層雲峡黒岳スキー場同様の大量の積雪が自慢です!
・コース外の滑走は危険です!(念押し)春こそ雪崩の危険性が増します。絶対にやめましょうね。
・3500mのロングランが気持ちいいですよ。

・ニセコエリア

niseko-ski-slope
・スキー場の広さが抜群に広いので、春スキーでのんびり滑るのにはベストなゲレンデです。

・KIRORO RESORT(キロロリゾート)

kiroro-ski-slope
・スキー場までのアクセスが良いので、雪山と札幌の春の訪れと両方楽しむことができます。お得感満載です。(札幌から60分、小樽から40分と好立地です)

・個人的、春スキーの楽しみ方アドバイス

・春スキーはまだ溶けていない雪の上を滑る遊びです。景色やぽかぽか陽気でのスキーは、ハイシーズンと違うところを楽しんでくださいね。
・天候によっては雨の可能性もあるので、天気予報は欠かさずにチェックしましょう。雨の中のスキーはゴーグルやサングラスなどが濡れて視界が悪くるので気を付けましょう。
・朝→全体的にアイスバーンになっている可能性が高いです
・昼→高温になり雪が融けるサイクルになることが多いです。このサイクルを利点に変えて
■朝→スピード派が狙い目 ■昼→ファミリーに最適 これでバッチリです!
・コブ派に朗報です!急斜面はこぶになっている可能性が高いです。
・昼→高温になり雪が融ける→スキーなどでターンすると斜面が掘れる→すぐコブになる
・夜→低温になり凍るサイクルです。午後は雪が融けてスピードが出にくくなるので、コブの練習に向いていますよ!

4.ゴールデンウィークの北海道について知っておきたいこと

4-1.気温について

・春と言っても本州とは違い、朝は肌寒いです。体感温度はその日の風速によって大きく違います・・。

4月下旬 5月上旬
札幌市 平均最高気温 13.9℃ 15.9℃
平均最低気温 5.1℃ 6.9℃
網走市 平均最高気温 11℃ 13℃
平均最低気温 2.1℃ 3.9℃
函館市 平均最高気温 13.6℃ 15.4℃
平均最低気温 4.4℃ 6.1℃

(気象庁ホームページ参照)
・気温では現れないこの時期の北海道の気候として、北の大地の風は強めなことです。勿論穏やかな日もありますが、日中日差しは出ていても遮るものがない北海道の風は意外に冷たいんです。

・スキーの場合は日によってかなり温度差があるので、天気予報を事前にチェックしてその日ベストな服装で滑る事をオススメします。温度調整を完璧にするとよいですよ。(私は半そでで滑る事も・・・!!)

4-2.服装について

・観光の場合は薄手で羽織れるものが1枚あると便利です(ミニスカートに素足は風邪をひきます)。

・春スキーの場合は普通のスキー・スノーボード用のウェアーを着用することをオススメします。温暖の差が激しいので、暑くなってきたらウェアーの上を脱いで腰に巻くなどして、体調管理に気を付けましょう。

4-3.渋滞・レンタカーについて

・北海道は基本的に車移動です。観光シーズンに入るので、高速などはレンタカーやバスで混雑することが十分考えられますので、時間に余裕を持って行動しましょう。

またレンタカーの貸出、返却で時間がかかることが多いです。新千歳空港でレンタカーを借りる方は、飛行機の到着時間からレンタカー手続き完了まで、60分~最大90分程度かかると考えてください。

トラベルジオゴールデンウィーク特集

5.ゴールデンウィークではまだ早いものたち

最後に、ゴールデンウィークではまだ楽しめないもの、その例をご紹介いたします。

・お花畑

北海道で思い浮かぶイメージ、それは緑の大地やお花畑にお花がいっぱい!そんなイメージではないでしょうか。でも、ゴールデンウィークの北海道は本州でいう所の早春。実際の花のシーズンは6月の後半ごろ~8月頃となりますのでご注意を。
spring-farm-image(春の畑と山々のイメージ)

・雲海

最近人気が高まってきた雲海。北海道ではトマムの「雲海テラス」を始め、有名な雲海スポットが数か所あります。でも、気象条件の関係で、ゴールデンウィークに見れることは大変少ないです。なおトマムリゾートのホームページには、「6月〜9月の時期で30%〜40%前後の確率」と紹介されていますので、こちらもご注意を。

【こちらもどうぞ】
・感動の絶景!大注目の雲海を楽しめる北海道の厳選3ヶ所!

おわりに

ゴールデンウィークは毎年曜日の並びによって日にちが変動しますが、北海道は8連休や9連休でなくても、基本のゴールデンウィークの日程(3日間や4日間)でも十分楽しめますよ。花は自然現象なので、読むのが難しく計画に省かれがちですが、「名所」と言われる場所へ足を踏み入れて雰囲気を味わうのも旅行の醍醐味かなと思います。お花以外にも十分楽しめるように配慮された場所ばかりなので、是非計画に組み込んでみてくださいね。

↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd
Pocket

Speak Your Mind

*

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.