札幌雪祭りで失敗しないための6つのポイント【2018年版】

Tags: ,

公開日:2015/11/30

さっぽろ雪まつりイメージニッポンの冬を代表するイベントとして有名な札幌雪祭り!でも、札幌雪祭りを楽しむポイントは?スムーズに見学できるの?などと、疑問がいろいろあるのではないでしょうか。

最近の雪まつりでは、一番の見どころである【大雪像】を幻想的に演出する「プロジェクションマッピング」や、「進撃の巨人」など、話題のイベントが盛り上がりを見せております。

ということで、札幌で雪祭りを最高に楽しみたいあなたへ、見どころや疑問や、雪まつりをもっと楽しむために知っておきたいことを、国内ツアー企画担当の目線から、そのポイントをご紹介いたします。【2017年12月6日一部更新】

<目次>
1. 札幌雪祭りとは
2. さっぽろ雪まつりを最大限楽しむ4つのポイント
3. 注意しておきたいポイント
4. さっぽろ雪まつりツアーの選び方
5. 雪まつりに札幌に泊まる方は必見!宿の選び方
6. さっぽろ雪まつりと合わせて楽しむなら!シチュエーション別札幌周辺の見どころ
7. 一緒に楽しみたい!同時期に行われる北海道の人気イベント

1. 札幌雪祭りとは

北海道の冬を代表する祭りとして有名な札幌の雪祭り、まず基本情報を簡単にご紹介いたします。
・正式名称(書き方)は「さっぽろ雪まつり」です(以下、さっぽろ雪まつり、にて記載)。
・2018年(第69回さっぽろ雪まつり)は2/5(月)~12(月・祝)に開催します。毎年同じ時期に行われますが、年により日程は若干変わる場合があります。
※なお、「つどーむ会場」のみ、2/1(木)~12(月・祝)で開催されます。
・会場は札幌市内、メイン会場となる「大通会場」を中心に、計3か所で開かれます。
・来場者はなんと約264万人(2017年実績)!国内外から多数の観光客が訪れます。
・詳しい情報やイベント情報などは、「さっぽろ雪まつり」公式サイトをご覧くださいませ。
さっぽろ雪まつり公式ホームページ
odori-street-early-nightさっぽろ雪まつりのハイライト、美しい雪像のライトアップが街を彩ります!

2. さっぽろ雪まつりを最大限楽しむ3つのポイント

2-1 大雪像の迫力に感動!

さっぽろ雪まつりといえば雪像!でも、限られた時間の中で、どの雪像を見ればいいの??という疑問はごもっとも。なんせ3会場、氷像含めて約200体の雪像があるのだから。
ということで、必ず見るべき雪像と見かたを以下ご紹介いたします!

自衛隊と市民制作団が作る、大迫力の大雪像
さっぽろ雪まつりを実施するうえでなくてはならない存在、それが北海道を拠点とする陸上自衛隊部隊・第11旅団。
さかのぼること1955年、第6回雪まつりで、大通公園にて高さ11メートルの雪像(マリア像)を制作したのをきっかけに、雪まつりの中心となる大雪像の制作を自衛隊が担うようになりました。
大迫力かつ細部にこだわった大雪像5基は、まずは昼の青空の下で鑑賞してください!
現在は、5基ある大雪像を自衛隊と雪像ボランティアにより制作しております。

2017年の大雪像は以下の5基!

・「決戦!雪のファイナルファンタジー」20年前に大人気となった「ファイナルファンタジーVII」のリメイク製作を記念
・「トット商店街」札幌国際芸術祭2017の公式プログラムとして制作。黒柳徹子さんの姿をした天女を再現。
・「凱旋門」パリにある凱旋門を、1/3スケールで再現。
・「奈良・興福寺 中金堂」復元工事が進んでいる興福寺を雪で4500個以上の雪のパーツで再現。
・「スター・ウォーズ」C-3PO、R2-D2、エピソード7で登場したBB-8とカイロ・レンの雪像。
その他、ライトアップが美しい氷像や、札幌で行われた2017冬季アジア大会のマスコットキャラクター「エゾモン」と仲間たちの中雪像も作られました。

snow-festival-mix
(※写真は2016年以前の雪像・イメージです)

2-2 夜の雪像ライトアップに感動!

前段で昼の大雪像で満足したら、次は夜のライトアップ!
ライトアップは夕暮れから22:00まで。この季節の夕暮れは16:00過ぎですので、ちょうどそのころから真っ暗になるまでの時間帯がおすすめです。

夜のライトアップ雪まつりで、ぜひ見てほしい箇所は以下3点です。

さっぽろテレビ塔からのライトアップ

札幌・大通公園のシンボルともいえる札幌テレビ塔、こちらから西に向いた、雪まつり会場を一望する景色は必見!真下に位置するスケートリンク、奥に続く雪像の数々と道路のイルミネーション、さっぽろ雪まつり最高の光景の一つです。
●さっぽろテレビ塔 料金 大人:720円 高校生:600円 中学生:400円 小人:300円
(一部無料ゾーンもありますが、有料ゾーンからでないと雪まつり会場を見ることはできません)

プロジェクションマッピング

ライトアップされた雪像に映像を映し出す話題のプロジェクションマッピング。2013年から実施され、その年はあまりの人気ぶりに混雑が激しく一部が中止になったほどで、2014年は3か所に会場を増やして実施されました。白い雪像に浮かび上がる光と雪の映像美は必見です♪

※詳しくはさっぽろ雪まつり公式ページを参照くださいませ。
なお、夜のイベントしては、プロジェクションマッピングとならび、最近注目なのが「雪ミク」!2010年より連続開催の人気イベントで、初音ミクの雪像「雪ミク雪像」の設置や、夜には「雪ミク」が歌う楽曲と照明演出で雪像を盛り上げるミニショーが開催されております。

snow-festival-night-mix

夜の「すすきの氷の祭典」

さて、今までは大通会場のご案内をずっとしてきましたが、第3会場となるすすきのでは、「氷の祭典」と称して、北海道最大の歓楽街の真ん中に大小の氷彫刻がずらりとならびます。
そして、この会場の見どころは夜!透明な彫刻に北海道最大のネオン街の光が映え、それはそれで幻想的な美しさがお楽しみいただけます。また、氷漬けにされたおいしそうなカニ、などユニークな彫刻が寒い夜に和ませてくれます。
また、美しい氷の彫刻を楽しみつつ、寒くなればすぐお店に、という安心感も♪(いわゆる歓楽街ではありますが、通常の飲食店もたくさんございますよ!)
さっぽろ雪まつり すすきの会場
なおもう1点、第2会場の「つどーむ会場」。こちらの売りは雪あそび!氷のすべり台やスノーモービルといった遊びが満載!難点は、大通会場からシャトルバスで約15分~25分程度と少し離れることと終了が17:00であること。
お子様連れで雪遊びがしたい!という方におすすめいたします。

2-3 寒さも忘れる美味がそこにはある!!「北海道 食の広場」

さて、雪像をたっぷり楽しんだら、次に気になるのはやっぱりお腹!さっぽろ雪まつりでは、大通会場の真ん中、6丁目に2007年から開始し好評の「北海道★食の広場」がオープン!
こちらはただの祭りの屋台じゃない!公募制で選ばれた北海道各地のうまいものが一堂に会する、デパートで行われる「北海道物産展」に興奮するタイプの方にはたまらないイベントです(例年、雪まつり開催(大通会場)の前日よりスタートします)!

メニューは焼き牡蠣・ホタテ、ジンギスカン、ザンギなど、北海道に行ったら食べてみたい定番メニューから、うにごはんやズワイ蟹甲羅盛りの炭火焼、クラムチャウダーなどなど、通好みのこだわりメニューまで。
北海道で人気のカフェのコーヒースタンドなんかもでて、雪まつり会場だけでもかなりの数の北海道名物が網羅出来ます。どうです、気になりますよねえ♪

ちなみにこちらは公式facebookページがございますので、気になる方はご覧あれ!
北海道食の祭典・facebookページ

また、国際雪像コンクールが開かれる11丁目には、「食の国際交流」コーナーも登場!
トルコ・ロシア・スペイン(2016年)など海外の料理が楽しめる屋台も登場いたしますので、こちらも要チェックです!

さっぽろ雪まつり・北海道★食の祭典

2-4 雪まつり終了翌日が見逃せない!!!「雪像破壊」

雪まつり終了翌日、雪まつりのウラの楽しみとして年々注目を浴びているのが「雪像破壊」!

約1か月かけて丁寧に作られた大雪像の数々が、終了日翌日の早朝からショベルカーで容赦なく破壊♪あっというまに立派な雪像が雪山に変わってゆく、その様が大変好評なのです!ちなみに、昼過ぎにはあらかた終わってしまいますので、寝坊すると見れませんので要注意!
この雪像破壊も含めて旅行の日程を組むなら、例えば雪まつり最終日に出発して札幌へ、夜まで雪まつりを楽しんで、翌日朝は雪像破壊を満喫、昼から小樽や登別・定山渓温泉など近隣の観光地へ移動して宿泊、その翌日にゆっくり帰るという行程が、雪まつり期間中のご旅行よりも比較的安価に収まるのでおすすめです!




次のページ 3. 注意しておきたいポイント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

  1. こんばんわ。
    北海道は今までに何度か行ってますが土地勘もなくどう回れば良いのか分からずツアーばかりの参加でした。
    この度札幌雪まつり&小樽雪あかりの路の旅行を計画するにはあたりいろいろ調べてたら【北海道ラボ】に行き着きました。
    そして記事を参考にしてと言うか…
    ほぼ記事通り回り、見て・食べて・飲んでの旅行を楽しむ事が出来ました。
    北海道はまだまだ行きたい所が山ほどあります。
    また次回の北海道旅行の際には(次回は美瑛や富良野を予定してます)記事通りに回りたいと思ってます。
    本も買いましたが本より断然分かりやすくありがとうございました。
    これからも楽しみにしてます。

    • 北海道ラボ編集部 says:

      こんにちは!北海道ラボをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

      どう回れば良いのか…とのことですが、行きたい場所がある程度決まっているのなら、教えて頂ければアドバイスさせていただきます!

      また、札幌については以下の記事を、またバスツアーを利用するのもおすすめです。

      冬の札幌を楽しみたい~地元民おすすめの観光スポットとは?
      http://hokkaido-labo.com/sapporo-sightseeing-winter-7823

      【札幌発】北海道で冬に楽しむ定番・おすすめのバスツアー5選
      http://hokkaido-labo.com/hokkaido-bus-tour-7268

      以上、参考になれば幸いです。ありがとうございます!

      北海道ラボより

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.