MENU
SEARCH
× 北海道スキー&スノーボードツアー 
受付開始!
特集ページへ

函館周辺の穴場・オススメの観光スポット1日ドライブ旅♪

エリア
函館・道南・奥尻
投稿日
最終更新日:2019年3月11日
北海道有数の観光地である函館。
毎年多くの観光客が訪れる函館には豊富なガイドブックが用意されています。

しかしながら、どこをどういう順番で回っていいか分からないものが多く、モデルコースになっているものも定番スポットばかりです。

そこで函館1日ドライブ旅として、ちょっと変わった函館観光をご提案します。
これは実際に私が函館を1日観光したルートとほぼ同じものです。

順番に回っていけば1日で回れますが、事前予約が必要なスポットがありますのでご注意ください。
今回のドライブプランは函館郊外がメインですので走行距離がそこそこあります。ぜひゆっくりと安全運転で函館観光を楽しんでくださいね。

1. 函館カール・レイモン「レイモンハウス元町店」

1. 函館カール・レイモン「レイモンハウス元町店」

函館のグルメと言えば、必ず名前があがるカール・レイモン。

1. 函館カール・レイモン「レイモンハウス元町店」

レイモンハウス元町店は函館山の麓にある「カール・レイモン氏の旧工場跡地」に建てられています。

1. 函館カール・レイモン「レイモンハウス元町店」

異国情緒あふれる地域にあり、元町地区の観光時にはぜひ立ち寄りたいスポットです。

函館カール・レイモン「レイモンハウス元町店」

一階には売店とファーストフードがあり、二階は「レイモン歴史展示館」となっており、無料で見学することができます。

函館カール・レイモン「レイモンハウス元町店」

公式サイトにはファーストフードで使えるクーポン券が用意されていますので、印刷して持参することをお忘れなく!

函館カール・レイモン「レイモンハウス元町店」函館カール・レイモン「レイモンハウス元町店」

【 レイモンハウス元町店 】
住  所:北海道函館市鈴蘭丘町3-92
電話番号:0138-55-4596
営業時間:9:00~18:00
U R L:http://www.raymon.co.jp/

2. ハセガワストア

ハセガワストア

函館グルメのTOP3に入る名物が、ハセガワストア(通称:ハセスト)の「焼鳥弁当」です。
函館市内を中心にあちこちで見かけることがあると思います。

もし食べたことがないなら、ぜひ一度は立ち寄って食べていただきたい逸品です。

ハセガワストア

“焼鳥”と言いますが、この地域では豚肉のことを指します。塩とタレを選ぶことができますが、ミックスを注文することもできます。

ハセガワストア

私のオススメは、串が3本入っている「やきとり弁当(小)で、ミックスの塩1、タレ2」というチョイスです。
弁当の蓋には串の形の切れ込みがあるので、ここに串をはめ込み、蓋をしっかり押さえて引き抜くと、きれいに肉を串から抜くことができます。

3. トラピスチヌ修道院

トラピスチヌ修道院

函館観光の定番スポットとして外せないのがトラピスチヌ修道院です。

トラピスチヌ修道院

日本初の女子修道院で、敷地内に入ると神聖な空気感が漂ってきます。
園内には聖像のほかに資料館があり、厳かな雰囲気の中で修道女たちの生活を垣間見ることができます。

トラピスチヌ修道院

トラピスチヌ修道院の説明は多くのサイトでご紹介されているので、ここではあえて入口近くにある「市民の森」に目を向けてみましょう。

トラピスチヌ修道院

この市民の森には、北海道内最大規模を誇るアジサイ園があり、およそ1万3,000株の色とりどりのアジサイが広大な敷地に咲き誇ります。

トラピスチヌ修道院

見頃は7月~8月頃で、2キロほどの園路があるのでゆっくりと散歩するのにピッタリです。
ウォーキングから戻ってきたら、濃厚なソフトクリームがある売店で休憩というのが私の定番コースです。

市民の森

【 トラピスチヌ修道院 】
住  所:北海道函館市上湯川町346
開館時間:(夏季)8:00~17:00 (冬季)8:00~16:30

4. カール・レイモン本社工場

カール・レイモン本社工場

カール・レイモンと言えば、「レイモンハウス元町店」を想像する方が多いと思いますが、函館市街から離れた場所にカール・レイモン本社工場があります。
事前予約制となっており、ほとんど人がいない穴場のスポットです。

まず工場に入ると、カール・レイモン氏の映像を視聴するよう案内され、それから工場2階のガラス窓を通して階下の製造工程をゆっくりと見学することができます。
見学から戻ると試食が用意されており、工場直売所では通常販売価格の10%OFFで商品を購入することができます。

【 カール・レイモン本社工場 】
住  所:函館市鈴蘭丘町3-92
電話番号:0120-39-4186
受付時間:9:00~16:00(日曜・水曜・一部祝日を除く)
U R L:http://www.raymon.co.jp/about/factory.php

5. はこだてわいん葡萄館本店

はこだてわいん葡萄館本店

「はこだて明治館」の1Fにある「葡萄館西部店」の本店が、七飯町にある「はこだてわいん葡萄館本店」です。
ここは「株式会社はこだてわいん」の本社工場に隣接する直営店です。

常時5種類以上の無料試飲やワイナリー限定商品があり、人気の「ワインソフトクリーム」は赤と白の2種類を販売しています。
事前予約すれば隣接のワイン工場を見学することもできます。

【 はこだてわいん葡萄館本店 】
住  所:北海道亀田郡七飯町字上藤城11番地(本社工場隣接)
電話番号:0138-65-8170
営業時間:10:00~18:00
U R L:http://www.hakodatewine.co.jp/

6. 新函館北斗駅

新函館北斗駅

2016年3月26日に開業した北海道新幹線。その終着駅となるのが新函館北斗駅です。

函館という駅名が付いていますが、函館市の隣にある北斗市にあります。
そのため、函館駅からはかなり離れた場所にあります。

函館市内へはここから電車を乗り換えなければいけません。

新函館北斗駅構内新函館北斗駅の田んぼアート

駅2階の自由通路の先には、巨大な田んぼアートを窓越しに見ることができます。
さらにここで外せないスポットは、駅の南口にある北海道新幹線のベストビューポイントです。

「市営立体駐車場」の屋上に簡易的な展望台が設置されていて、そこから駅を発着する北海道新幹線を見ることができます。

新函館北斗駅

北海道新幹線を写真に納めるなら、ホームよりこちらの方がオススメです。

函館新幹線

【 新函館北斗駅 】
住  所:北海道北斗市市渡1丁目1番1号

7. 北斗フィッシャリー

北斗フィッシャリー

北斗フィッシャリーは、2015年末に地元漁協直営のイートイン型直売店としてオープンしました。
カキやホッキ、ホタテ、ツブなどの貝類を鉄板で蒸し焼きにして食べることができます。

時期によっては冷凍ものや価格に変動がありますが、目の前で焼き上がる食材を見ながら食せるのは北海道らしい食べ方です。

北斗フィッシャリー

席に着くと、どうぞ焼いてくださいという感じで軍手まで用意されていますが、店員さんが焼き上がりまで面倒を見てくれますので安心してください。

北斗フィッシャリー

私が行ったタイミングでは冷凍もののカキになっていましたが、金属製の蓋で蒸し焼きにされたカキは大きくプリップリでふっくらしています。

北斗フィッシャリー

リーズナブルなセットメニューが用意されていますので、車を運転しない方はビールも合わせて楽しむと最高ですね♪

【 北斗フィッシャリー 】
住  所:北海道北斗市飯生1丁目13-29
電話番号:0138-73-0700
営業時間:11:00~17:00
定 休 日:月曜日

8. トラピスト修道院

トラピスト修道院

トラピスチヌ修道院は女子修道院として函館観光の定番スポットですが、函館には男子修道院もあります。それが「トラピスト修道院」です。

トラピスト修道院

一つ目の写真の柵から中を覗くと、二つ目の写真の光景が見えます。
外から見学することしかできませんが、男性のみに限り毎週火曜日の14時から人数限定で内部を見学することができます。(要事前申し込み)

トラピスト修道院のソフト

函館土産で人気のトラピストクッキーはここで作られています。

駐車場にある売店では、修道院内で作られた製品が販売されていますが、ここでぜひ食べておきたいのが「ソフトクリーム」です。
函館近郊で生産された牛乳にトラピスト発酵バターがたっぷりと使用されています。

クリーミィ―で後味スッキリのソフトクリームは、後味にほのかなバターの香りが残ります。
スプーンの代わりにトラピストクッキーがついてくるのが特徴です。

カップとワッフルコーンを選べますが、発酵バターを練りこんでいるワッフルコーンがオススメです。

【 トラピスト修道院 】
住  所:北海道北斗市三ツ石392
電話番号:0138-75-2139
U R L:http://www.trappist.or.jp/

9. 道の駅 みそぎの郷 きこない

みそぎの郷 きこない

北海道新幹線の木古内駅前にある道の駅が「みそぎの郷 きこない」です。

みそぎの郷 きこないみそぎの郷 きこない

2016年にオープンしたばかりの新しい道の駅には、レストランやショップ、パン屋さんなどが集まっています。

みそぎの郷 きこない

焼きたてパンを食べられる「コッペん道土」のコッペパンサンドや塩パンが人気です。

みそぎの郷 きこない

【 道の駅 みそぎの郷 きこない 】
住  所:北海道上磯郡木古内町字本町338-14
電話番号:01392-2-3161
営業時間:9:00~18:00(7/1~8/20は9:00~19:00)
定 休 日:なし
U R L:http://kikonai.jp/

10. ホテル海峡の風

HAKODATE海峡の風

湯の川温泉に「湯本 啄木亭」の別館として2016年4月25日にオープンしたHAKODATE海峡の風(うみのかぜ)。

コンセプトを“大正ロマン、昭和レトロ、平成モダン”としたスタイリッシュな館内は、高級ホテルのような雰囲気でゆったりとしています。

HAKODATE海峡の風

館内に入りまずはチェックイン。ウェルカムドリンクとお菓子が提供され、寛ぎながらゆっくりとチェックインできます。

HAKODATE海峡の風

スタイリッシュな空間を抜けてお部屋へ向かいます。

HAKODATE海峡の風

隣にある「湯元 啄木亭」とは繋がっていて、外に出ることなく行き来することができる他、啄木亭のお風呂にも入ることができます。

HAKODATE海峡の風

当日泊まったお部屋は少し贅沢な「展望風呂付和洋室」。

HAKODATE海峡の風

広々とした部屋のつくりと部屋に展望風呂が付いているため、24時間他の人の目を気にすることなく入り放題です。

HAKODATE海峡の風

函館観光で疲れた体を休めるのに最高のお部屋でした。

レストラン「青函市場」

レストラン「青函市場」では、バイキング形式で新鮮魚介をいただくことができます。
ここの特徴として、肉料理の提供がないというところです。

個人的に食事には肉が必要!と思ってしまうタイプなのですが、バリエーション豊富に揃った海産物や一工夫加えられた美味しい料理で食が進みます。

レストラン「青函市場」

焼き物はその場でオーダーして焼きたてを提供してもらえますし、活イカも目の前で捌いて提供されますので鮮度抜群です!

おわりに

函館観光1日ドライブ旅として観光スポットをいくつかご紹介しました。

あえて定番スポットをあまり入れずに穴場や変わったところ、食事処を中心にご紹介しました。

そして今、もっともオススメしたい函館の温泉ホテル「HAKODATE 海峡の風」は、2016年にオープンしたばかりということもあり、綺麗で落ち着いていて旅の疲れを癒すには最高の温泉ホテルです。

価格は少し高めですがそれに見合ったサービスが期待できますので、函館の温泉ホテルでは今イチ押しです!

これから夏のシーズンに向けてお祭りやイベントが多くあります。
北海道新幹線が開通してからは函館を訪れる観光客も増えており、ホテルなどの予約が取りにくくなってきています。

早めの予約と旅行プランを立てて、ぜひ函館観光を満喫してくださいね。

こちらの関連記事もどうぞ

姉妹サイトのご紹介(よかったら見てね)

沖縄の旅が100倍楽しくなる旅行サイト 九州の旅が100倍楽しくなる旅行サイト

エリアから選ぶエリアから選ぶ

注目のタグから検索注目のタグから検索

  • 貸切ジャンボタクシー特集 北海道ラボアプリバナー
  • Instagram Facebook WBFダイナミックパッケージ

    姉妹サイトのご紹介

    沖縄の旅が100倍楽しくなる旅行サイト 九州の旅が100倍楽しくなる旅行サイト
  • 北海道ラボをフォロー北海道ラボをフォロー

    • Facebookをフォロー
    • Instagramをフォロー