MENU
SEARCH

幕末ロマンを感じる!4つの北海道の船をご紹介します

エリア
函館・道南・奥尻
投稿日
最終更新日:2019年3月6日
昔の軍艦や帆船などをみると、夢やロマンに思いを馳せる方もいるのではないでしょうか?

じつは、道南には歴史を感じる船がいくつかあり、幕末から昭和にかけて道南で活躍した船が、保存船から復元船まであるんです。

どれも観光地から近かったり、国道沿いにあったりするものなので、興味のある方はぜひとも最後までお付き合い下さい!

1. 摩周丸

北海道 船 摩周丸まずご紹介するのは函館駅から徒歩5分ほどの場所にある、摩周丸です。

函館と青森を繋ぐ青函連絡船として1988年まで航行していましたが、今は函館港に展示されています。

北海道 船 八幡坂昼間は摩周丸に乗船して歴史を楽しみ、夕方からは函館山に移動。

摩周丸をはじめとする、自分たちの観光した場所を確認してみてはいかがでしょうか?

北海道 船 函館の夜景やはり函館の夜景でも、ひと際目立つのが摩周丸。

乗船と夜景の一部としても楽しめる、二度美味しい観光スポットです。

2. 箱館丸

北海道 船 箱館丸次にご紹介するのは、幕末の洋式船の箱館丸です。

大きな二本のマストが伸びている姿を目の当たりにすると、帆がついていた頃はさぞかし勇壮だったのではないかと、ロマンが膨らみます。

函館市電の大町電停で降り、西ふ頭へ向かっていく途中にあります。

メインエリアからは少し外れた場所にありますが、周辺には函館独特の建築がおしゃれなカフェも点在しており、散策と合わせても楽しめますよ。

3.開陽丸

北海道 船 開陽丸幕末繋がりでご紹介したいのが、開陽丸。

開陽丸はオランダ製の軍艦で、外国勢力に対抗すべく江戸幕府によって購入されましたが、わずか一年で座礁沈没した悲運の船なのです。

北海道 船 雪に覆われた開陽丸復元された開陽丸は、えさし海の駅に隣接。

えさし海の駅は、絶好のクルージングスポットなので、ヨットハーバーとしても賑わっています。

トイレやちょっとした飲食スペースもあって、船やヨットをゆっくり観るにはとても快適な場所です。

北海道 船 江差町の風景開陽丸の奥には、かもめ島と呼ばれる周囲2.6㎞ほどの陸続きの場所があります。

徳川幕府砲台跡・北前船係留跡など、約2時間で1周できるので、歴史を楽しみたい方はこちらの散策もおすすめです。

4. 咸臨丸

北海道 船 咸臨丸咸臨丸は徳川幕府が保有していた軍艦で、戊辰戦争にも参加していたことでその名を知られています。

明治4年に暴風雨に遭い、木古内のサラキ岬で沈没。

昭和59年にはサラキ岬沖で咸臨丸の碇が発見、今は木古内町の郷土資料館で見られます。

オランダ製の船であるということで、オランダの国家であるチューリップをモニュメントの近くに多数植えてありますよ。

毎年4~5月にはおよそ80種5万球のチューリップが咲き誇り、その上で連なった鯉のぼりが優雅に空を泳いでいる姿は、とてもきれいです!

おわりに

今回は、道南で観られる船を4つご紹介しました。

今回ご紹介した船は、どれも観光地や海の駅近く、国道沿いにあるので、観光や移動のついでに気軽に観られます。

道南を訪れた際は、ぜひ歴史を感じてください。

こちらの関連記事もどうぞ

姉妹サイトのご紹介(よかったら見てね)

沖縄の旅が100倍楽しくなる旅行サイト 九州の旅が100倍楽しくなる旅行サイト