「ランチパスポート2017」で函館のランチを楽しもう!

Tags:

公開日:

Pocket

ランパス

函館地区では2回目の発売となる、ランパス。ランパスとは「ランチパスポート」という名前の書籍のことで、購入者は本に載っているランチメニューを500円で食べることができるのでとってもお得!

値段は500円でも本来なら700円や800円、中には1000円以上するものも!またお店によってはランチ以外もOKというところもあるので、要チェックです。

なお、ランパスは1冊980円(税抜)。1店につき3回まで使え、有効期限は発売日から3ヶ月間です。そのお得感から、発売初日にはもう売り切れの書店が続出。

そんな大人気のランチパスポート北海道・函館2017。掲載店舗80店の中から5店をピックアップしてお届けします。

<もくじ>
1.釜めしと海鮮丼の店釜どんどん「本マグロユッケ丼」
2.喫茶タイム「スパゲティナポリタンセット」
3.windハナレィムーン「ワンプレートロコモコ風」
4.Cafe Dining Caldo Calcio「気まぐれペペロンチーノ」
5.ネパールレストランラーニキッチン「ラーニキッチンセット」
6.まとめ

1.釜めしと海鮮丼の店 釜どんどん「本マグロユッケ丼」

釜どんどん

七飯に向かって、国道5号線と地元では産業道路と呼ばれる道道100号線が合流する手前にあるお店です。以前は「創作料理海鮮マテリアルゲーム」という名前でしたが、2017年の3月に現在の店名になったのだとか。ランチだけでなく、ディナーでもランパスのメニューが食べられます。各限定20食で、予約OK。予約必須のお店です。

釜どんどん・ユッケ丼

本マグロのユッケ丼は、別添えでポーチドエッグがついてきます。ランパスに記載されていなかったのですが、お味噌汁もついてきました。

ユッケ丼は本マグロの脂の甘さが味わえる逸品。さすがクロマグロ専門店直営だけのことはあります。ユッケにはしっかりと味がついているので、そのままでも十分美味しく食べられます。

<釜めしと海鮮丼の店 釜どんどん>
住所:北海道函館市昭和3丁目36-4
TEL:0138-84-6905
パスポート利用可能時間:11:00~14:30/18:00~22:00(平日) 11:00~15:30/17:30~22:00(土日祝)
定休日:水曜日
備考:43ページ掲載 1日限定ランチ・ディナー各20食 予約可能
HP:http://matege.favy.jp/

2.喫茶タイム「スパゲティナポリタンセット」

タイム・外観

お店の外観はオリエント急行をイメージしたものだそう。確かに、客車のようでしたね。お店の向かいにはNHK函館放送局があります。店内は赤を基調としたインテリアで、テーブルクロスは赤のチェック。クラシカルな雰囲気が漂っています。昔ながらの喫茶店という感じでしたね。

タイム・ナポリタン

運ばれてきたのは、懐かしさあふれるナポリタン。エビ入りです。プレートにはポテトサラダとハム、デザートのオレンジが入っています。これにスープと、コーヒーかコーラがつきます。ランパスメニューが食べられるのは平日なら18時まで。数量限定ではないので、早めのディナーにもおすすめです。

<喫茶タイム>
住所:北海道函館市千歳町8-12
TEL:0138-22-6901
パスポート利用可能時間:13:30~18:00(平日) 13:30~17:00(日祝)
定休日:無休
備考:36ページ掲載

3.windハナレィムーン「ワンプレートロコモコ風」

ハナレィムーン

ヤマダ電機やニトリ、イトーヨーカドーなどが立ち並ぶ美原の繁華街から、1歩中へ入った住宅街に位置しているお店で、3階建てのマンションの1階にあります。カフェのほかにもハワイで買い付けたという雑貨も置いてあり、見ているだけでも楽しいですよ。またエステサロンも併設しているので、日頃の疲れを癒してみては。

ロコモコ

ランチメニューはワンプレートの中に目玉焼きが乗ったハンバーグ丼やスパゲッティ、唐揚げ、サラダがぎっしりつまったロコモコ風。結構食べごたえがあります。お水とコーヒーはセルフで、どちらもお代わり自由。コーヒーが飲み放題なのはうれしいですね。ラストオーダーは15時30分と、遅めのランチもOKです。

<windハナレィムーン>
住所:北海道函館市美原2丁目9-38 アークタウン美原1F
TEL:0138-46-8706
パスポート利用可能時間:11:30~15:30(L.O.)
定休日:日曜日・臨時休業あり
備考:56ページ掲載

4.Cafe Dining  Caldo Calcio「気まぐれペペロンチーノ」

カルドカチョ

「函館イカナポリタン・ブラック」というイカとイカスミを使ったメニューで、2017年5月中旬に東京で行われる「カゴメナポリタンスタジアム2017」に出場する実力派シェフのお店です。お店の外観はイタリアの国旗にも使われている赤ですが、店内は白いイスとテーブルのインテリアで、とってもおしゃれなんです。

ペペロンチーノ

麺は「スパゲッティ(丸麺)」「リングイーネ(細平麺)」「フェットチーネ(太平麺)」の3種類から選べ、味もペペロンチーノと和風の2種類があります。今回はペペロンチーノをお願いしました。具材はタケノコと桜エビ。具材はその日によって違うのだとか。パスタは生麺を使っており、モチモチな食感が楽しめます。

<Cafe Dining  Caldo Calcio>
住所:北海道函館市花園町22-26 メゾンパティオ花園1F
TEL:0138-54-3737
パスポート利用可能時間:11:30~14:30
定休日:月曜日
備考:67ページ掲載

5.ネパールレストラン ラーニキッチン「ラーニキッチンセット」

ラーニキッチン

函館市から北斗市を経由して江差町まで向かう国道227号線から、道道347号線に入った場所にあるお店です。外観は緑色なので目立ちそうですが、お店の前が駐車スペースになっているため引っ込んでいるので、ちょっとわかりにくいかもしれません。

店員さんはネパール人と思われ、お店の中にもそれっぽいグッズが置いてありました。

ネパールカレー

カレーはほうれん草と野菜の2種類。お代わり自由のナンがついてきます。結構食べごたえがありますよ。

カレーはそれほど辛くなく、ほうれん草カレーは味がしっかりしていました。

野菜カレーはマイルドな味わい。野菜カレーにかぼちゃが入っていたので、日本のカレーとの違いを感じました。別料金でラッシーを注文したのですが、甘めでおいしかったです。

<ネパールレストラン ラーニキッチン>
住所:北海道函館市港町1丁目20-19
TEL:0138-45-8788
パスポート利用可能時間:11:00~22:00
定休日:無休
備考:46ページ掲載

6.まとめ

以上、「ランチパスポート北海道・函館2017」掲載の80店の中から5つのお店を紹介しました。

今回紹介したお店以外にも、函館らしい海鮮やおしゃれなカフェメニュー、ラーメンなどバラエティに富んだラインナップになっています。ぜひランパスを手に入れて函館のランチを楽しんでみてくださいね。

<ランチパスポート北海道・函館2017>
ランチ代:500円
TEL:0120-166-435(内容に関して)
TEL:011-218-5077(販売に関して)
パスポート利用可能期間:2017/3/15~2017/6/15
定価:1058円(本体980円)
備考:1人1冊 各店3回まで利用可能
HP:http://lunchpassport.com/
↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd
Pocket

コメントを書く

*

*

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.